読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手を打ち足踏み踊り出せ

ジャニごとについて思うことを書くブログ

岩橋くんが苦手だった私が岩橋くんを認めるまでの話

こんにちは。神宮寺担です。神宮寺担から見た、岩橋くんの話を悩んでたんですが、書こうと思います。なので、岩橋担の方には耳が痛くなったり辛い話がいくつも出てきます。

また、Jr.大賞の結果を書いてますので、まだ結果を知らない方は注意!

 

 

 

 

 

私は、岩橋玄樹が嫌いでした。

神宮寺担はじぐいわが好きな方が多いと思いますが、私はじぐいわを含めて大嫌いでした。

ここに残すのは、セクファミ事変からの私が見て思ったことです。

私が神宮寺勇太を好きになったのは、ジャニーズJr.ランドという番組からです。*1

その頃は今のようなグループもなく、だいたい神宮寺くんは、岸優太くんや羽生田くん、嶺亜くん等とつるんでいたように思います。

あと、ジャパハイ時代から仲良かった勝利くんがいました。まぁ、その頃にはセクゾでしたけど。

勝利くんと神宮寺の話については、こちらで詳しく書いています。

http://buki-j.hatenablog.com/entry/2016/10/31/100653

 

さて、ジュニランからセクゾが卒業したあおに、幽かな彼女というドラマがありました。そこに、神宮寺くんと岩橋くんが出演していました*2

 

最初は何も思いませんでした。抜擢されたなーくらい。

 

神宮寺くんも同じくくりだからアクセをつけようと言ったりしてたのを、微笑ましく見ていただけだと思います。

 

ただ、次第にあれ?となってきました。何かが、ひっかかりました。

 

そして、とある雑誌を見て、愕然としました。

くわしくは書きませんが、雑誌の担当編集者が割と面白おかしく、針小棒大に彼の発言を脚色してたなーと感じています。

少なくとも、彼のイメージダウンになりかねない。そう思うような書き方でした。

 

その当時、ファンは「いわちは姫だから」と言われてました。

でも、姫だろうがなんだろうが、私は正直、眉を潜めていました。雑誌に影響されていた部分もありますが、私には岩橋くんの主体性が見えませんでした。誰かに依存しすぎ…特に、自担である神宮寺に…と感じていました。当時は。

 

岩橋嫌いです、と言うと大抵は「岩橋に嫉妬してるんでしょ」と言われました。

当時の私を振り返ると、確かにそうかもしれません。神宮寺担なので。でも、嫉妬なんかではなく、一番の理由は、自担のシンメには、こんな人がいいという理想が高かったからだと思います。

 

ともかく長いこと、セクゾデビュー前後から応援していて、自担にはお互いを支え合えるような人がシンメにいてくれたら、と願っていました。

 

でも、どうにも、当時の岩橋くんには、ん?となることが多かったんです。

 

そして、とどめになったのが、とある雑誌で彼が言った言葉です。

 

「神宮寺がいなくなったら辞める」

 

 

この一言でした。

私は、デビューせずに辞めた担当がいます。いまは、俳優として活躍していますが、Jr.としては周りがデビューするタイミングで、その活動をやめてしまいました。

 

だからこそ、腹が立った。

 

 

何でそんな簡単に辞めると言っちゃうの?

自担に、神宮寺に、あんたの人生なんて、そんな重荷を背負わせるの?

泣きました。悔しくて。

 

 

何でこんな情けないこと言うのか。なんで、そんなに自担に依存する人が自担のシンメなのか。

そんなに言うならその位置を他の子に渡してほしい。

勝手に、そんなことすら思ってしまいそうになっていました。

 

今思うに、その発言は、彼慣れの彼の不安の表れだったのかもしれません。

 

彼はどちらかというと「Jr.の真実」*3まではあまり注目されることの少ないJr.で、ジュニランでも初期のメンバーにはいません。

 

いきなり、しかもあのセクバの中では推されていた(と私は思います)、神宮寺のシンメというのはかなりのプレッシャーでいつ外されるかもわからず、拠り所が欲しかったのかな?と思います。

 

その頃から、彼を見る時、苦々しく思う自分がいました。

何をやるのも気に入らなかった。

でも、それでも、私は彼が気になっていた。

今、思うに、私は本当は彼に変わって欲しかったのだ、と思います。自担が大事にしている、自担のシンメとして安心したかったんです。きっと。

ただ、変わって欲しかった。

 

 

そして、月日は流れ、キンプリになって、彼に変化が起こったと感じました。

目の色が変わり出した、と思ったんです。

何がキッカケか何が原因かはわからない。ただ、明らかに何かが変わり始めた。

ダンスが変わり出し、弱音を吐かなくなってきた。依存が減った。わがままと思う発言も。

 

そして、SMAP解散報道の次の日。

彼はこう言いました。

 

「僕には感謝を伝えたい先輩がいます。それはこの場では言えません。でもその先輩のように笑顔を届けていきたいです」*4

 

私は泣きました。幽かな彼女も、その後も、彼の中に何かしら根付いているものはあったんだ、と感じました。

今まで彼のために流したのは悔し涙でした。でも、この涙は、彼が成長した喜びの涙だったのかもしれません。それが、私は嬉しかった。

 

岩橋くんに関して、今はどう思うかと言われたら、上から目線で恐縮ですが、彼は神宮寺くんのシンメとして認めています。

私から見た神宮寺くんの関係性って、勝利くんはライバルで、岸くんは親友だとしたら、岩橋くんは「戦友」だと私は思います。

 

あのセクファミというもある意味地獄の日々を、不器用な二人なりに、Jr.という立場の中で、自分たちの方法で駆け抜けたんだと思います。

私が全く向き合おうとしなかった二人を今一度考えると、あの時、神宮寺くんの近くにいたのは岩橋くんでした。

 

神宮寺くんは正直、あの時、私から見るとちょっとボロボロだったように思えます。

そんな彼を不器用ながらも一番近くで支えたのは岩橋くんだと思います。

紆余曲折しましたが、私は今の岩橋くんは最強にカッコいいと思っています。

彼に対する感情は言葉にするのは難しいのですが、好きでも嫌いでもない、かといって無関心でもない、情、というものなんでしょうか。

彼に対する想いを言葉に表すのは難しいのですが、彼が何かしても、まったくしょうがないなーがんばれ!という風に思ったりしています。

もし、いつか、神宮寺くんがデビューする日があるのなら、その時隣にいるのは、岸くんと、岩橋くんであって欲しい。

そんな想いを寄せながら、この話を終わります。

最後に。

岩橋くん、Jr.大賞四連覇おめでとうございます!!!!これからも主に自担がよろしくお願いします。

*1:2011年10月〜2013年3月

*2:森本慎太郎くんもいました

*3:2012年夏放送のドキュメンタリー

*4:サマステ8/14夜公演にて