読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手を打ち足踏み踊り出せ

ジャニごとについて思うことを書くブログ

セクゾデビュー5周年に寄せて


近くて遠い場所。

神宮寺担から見た彼らです。

帰る場所。

マリウス担から見た彼らです。


11月15日、彼らはデビューしました。
あの日、デビューの時の握手会(特に週末)には私は行けなかったけれど、友人から聞く握手会の様相はまだ若い子達には過酷なものでした。

あの辺りで、マリウスにハマっていたのだろうと、思います。

ただ、私が明確にこの子が担当だと思ったのはリアセクの時でした。
それまでは、好きだと言いながら、いや、でも担当ではないよな?と内心思いながら、やってました。
少しずつ始まっていた不穏な格差の足音が、リアセクから顕著に現れだし、私は憤りました。

そして、私は、気付きました。
ああ、私はマリウス担だと。

神宮寺担として見たセクゾ。
JJLからあの子にハマりました。
ツンとお澄ましして、かわいい顔で、高い声で、淡々と話す。
そのくせ、カエルはちゃっちゃと捕まえる。
その姿にときめきました。


セクゾがなければ、神宮寺に会えなかった。

セクゾがなければ、マリウスに会えなかった。


だから、


セクファミの時も3人が声を上げていなかったら、2人が踏ん張らなかったら。


戻らなかった。


どうぞこれから5年後の10周年。


Sexy Zoneが5人で笑っていますように。

一日遅れましたが、デビュー5周年おめでとう。


君達の未来に幸あれ。